カタログの利用

現代ではどんなものでもレンタルすることが流行ってきています。留袖もその一つです。冠婚葬祭で女性は着ることがあるため、そのような時にレンタルすることをお勧めします。 ただし、どのくらいの費用がかかるのか、あらかじめ把握しておくことが大事です。店舗によって料金は違ってきます。また、着物の種類や品質などによっても当然、料金は違ってきます。商品カタログなどを見て、じっくり比較検討してみることが大事です。 一般的なものとしては、数万円かかると思っておいた方がいいかもしれません。2万円〜3万円程度です。そこにヘアセット代や小物代も含めると、5万円以上になってしまうこともあります。 レンタルする目的に応じて、予算を組んでみることをお勧めします。

留袖のレンタルは、一昔前まではあまり流行っていませんでした。昔は誰でも着物を持っていたからです。自分の着物を着て、冠婚葬祭に出席することがありました。 しかし、現代では着物を着る機会もほとんどありません。また、着物は高価なものというイメージもあることから、わざわざ購入する人も少なくなってきています。冠婚葬祭などの必要な時だけレンタルした方が効率的です。 このような理由から、既婚女性の場合、留袖をレンタルすることが多くなってきています。圧倒的に冠婚葬祭時に利用する人ばかりです。レンタル店でも、留袖の品数は豊富となっているので、選び甲斐があります。価格もピンからキリまであるので、用途に応じて選択することをお勧めします。